自民・大島氏「名護市長選の前に主張すべき」 官房長官発言を批判(産経新聞)

 自民党の大島理森幹事長は26日午前の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題をめぐり、平野博文官房長官が名護市長選の結果を「斟酌(しんしゃく)する理由はない」と発言したことに対し、「選挙前に鳩山由紀夫首相や平野氏が堂々と主張すべきだった。政権運営維持のためだけに、県民の心を言葉だけでもてあそぶのはやめてほしい」と批判した。同日の党役員連絡会でも、「選挙前に堂々と発言するのが責任ある言辞だ」(石破茂政調会長)などと鳩山政権の対応を批判する声が相次いだ。

【関連記事】
首相、改めて普天間「ゼロベース」強調 官房長官発言撤回には触れず
「米政府の立場は変わらない」 普天間問題で米国務次官補
沖縄振興で協議会設置へ 政府と地元自治体
施政方針演説「5月までに移転先決定」盛り込みへ
「基地なくても…」基地問題は経済問題

日航破綻 東北の翼行き先懸念 各県、利用促進頭悩ます(河北新報)
消防職員の団結権、今秋に結論=有識者検討会が初会合−総務省(時事通信)
原子力機構に改善要請=受注企業へのOB再就職−文科省(時事通信)
検察追及を横目に 民主、岩手で“帝国”健在(産経新聞)
<替え玉殺人>弁護側改めて無罪主張 大阪地裁で最終弁論(毎日新聞)
[PR]
by xxwae7h0th | 2010-01-27 13:57