緊急発進、5年で最多=4〜12月、ロシア機が6割超−防衛省(時事通信)

 領空侵犯の可能性がある国籍不明機に対する航空自衛隊の緊急発進(スクランブル)が昨年4〜12月は213回に上り、過去5年間で最多だったことが21日、防衛省統合幕僚監部のまとめで分かった。領空侵犯機はなかった。
 国・地域別の内訳はロシア機が66%で最も多く、中国11%、台湾8%、北朝鮮4%など。ロシア機は昨年10月16日、対馬海峡上空を通過したのが7年ぶりに確認されるなど日本海や沖縄方面への長距離飛行が複数回、確認されたという。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔特集〕F35ライトニング戦闘機〜次期主力戦闘機の有力候補〜
【特集】緊迫!朝鮮半島〜北朝鮮が韓国侵攻訓練〜
〔写真特集〕華麗なる仏大統領夫人 カーラ・ブルーニ
核不拡散強化を協議=アジア17カ国で国際会議

<敬老乗車証>仙台市、見直しへ 「団塊の世代」の交付を見込み(毎日新聞)
<三豊市長選>横山忠始氏が無投票で再選(毎日新聞)
山口の製菓会社でCO中毒?4人倒れる(読売新聞)
<都教委>土曜授業を容認 月2回上限 市区町村委に通知へ(毎日新聞)
SNA機が羽田に緊急着陸、車輪にトラブル(読売新聞)
[PR]
by xxwae7h0th | 2010-01-23 14:41