「火つけるのが楽しそう」=中学生が体育館に放火未遂−宮城県警(時事通信)

 小学校の体育館を燃やそうとしたとして、宮城県警仙台南署は16日、仙台市若林区の中学校に通ういずれも14歳の男子生徒2人を非現住建造物等放火未遂と器物損壊容疑で逮捕した。同署によると、2人は「火をつけるのが楽しそうだった」と容疑を認めている。
 逮捕容疑は15日午後7時45分ごろから16日午前1時ごろまでの間、同区の市立古城小学校の体育館北側の引き戸にライターで火をつけ、燃やそうとした疑い。
 火は少年たちが足で消したため、引き戸のベニヤ板が焼けただけだった。校庭のサッカーゴールのネットにも火をつけたが、自然に消えたという。近所の人の通報で同署員が駆け付け、近くの路上にいた2人を見つけた。 

【関連ニュース】
「介護した女性に薬物」と供述=放火で起訴の元介護士
元従業員の男逮捕=会社役員殺害容疑
サンタ姿の男、会社襲い放火=暴行受け社長が重傷
死亡夫婦の頭部に外傷=民家火災、けがの長男を聴取へ
裁判員裁判、執行猶予の男逮捕=保護観察中、窃盗容疑

【揺らぐ沖縄】与野党なぜ「傍観」 移設先困った民主/ねじれに悩む自民(産経新聞)
志位・共産委員長「小沢氏は説明責任果たせ」(産経新聞)
「不景気で仕事なく」盗んだバイクでひったくり 34歳男追送検(産経新聞)
首相「闘ってください」 小沢氏に続投“お願い”?(産経新聞)
<中央防災会議>被災地生活支援の特別立法を検討(毎日新聞)
[PR]
by xxwae7h0th | 2010-01-22 20:44